ワクチン抗体価検査劇場

ワクチンを打つタイミングを見極める

先生!ワクチンは、できれば打ちたくありません!!

そうですか。じゃ、今回はパスする事も考えますか。

ま、結論は、抗体検査してからですけどね。

痛そうなのも嫌ですぅ!!!!


ワクチンは、ワンちゃんの生活上の感染リスクを抑える非常に有効な手段です。
もちろん、アレルギーや体への負担がない訳ではありませんが、得られるメリットとデメリットのバランスを考慮して一定の免疫力は持たせるべき。という考え方が小動物医療の世界では主流になっています。

とはいえ、やはり、打ちたくないものは、打ちたくない。
と、お考えのオーナー様がいらっしゃるのも事実。

そのようなお考えのオーナー様には、ぜひ、ワクチン抗体価検査をお勧めします

ワクチン接種の目的は、あくまで抗体による免疫を維持することです。
体内のワクチン抗体価を一定レベルに確実に維持するために1年ごとの定期的な接種を行うことが一般化しています。

しかし、ワクチン抗体価の減衰は、個体によってスピードが違います。

従って、定期的にワクチン抗体価検査を行いを数値把握しておくと、ワクチン抗体価が必要な数値を下回るギリギリのタイミングを狙ってワクチン接種を行うことができます

結果として、生涯のワクチン接種回数を、1年ごとの定期接種より減らせるという考え方です。
ワクチン接種をゼロにすることはお勧めできませんが、抗体による免疫力を維持しながらできるだけリスクを減らしたいというオーナー様には、非常に有効な方法であると考えられます。

弊社のワクチン抗体価検査は、検査結果を数値でお返しします。
従って、明確なレベル分けと減衰するペースの予測をすることが可能です。

このようにワクチン抗体価検査は、ワクチン接種のタイミングを見極める判断基準としてお使いいただけます。

なお、検査結果に基づいたワクチン接種のタイミングは、かかりつけの獣医師とよく相談してください。


成犬へのワクチン抗体値検査については『犬のワクチン抗体価検査 子犬編・成犬編』をご覧ください。



犬のワクチン抗体価検査
子犬編・成犬編

PDFをダウンロード


※ワクチン抗体値検査のご相談は、かかりつけの獣医師様にご相談ください。